HACCPの考えを取り入れた衛生管理

2021年6月より、HACCPが完全義務化となりました。
HACCPとは、国際的な衛生管理手法の事です。
食品の安全を脅かす原因が混入するリスク(一般的にハザードと言います)を
作業工程の分析をする事で見つけ、管理、記録する手法です。
原則、全ての食品事業者(大きい工場から、小さな町の食堂まで)が対象となり、
HACCPを施行しないと、場合によっては罰則が加わる可能性が有ります。

このHACCPには「一般事業者向け」と「小規模事業者向け」の2種類あります。
「一般事業者」は大規模事業者となる企業が対象。
一方「小規模事業者向け」は原則、食品従事者50人以下の企業(個人店も含む)が
対象になります。

「一般事業者」は必ず『HACCPに基づく衛生管理』を行わないといけません。
所謂「7原則12手順」のうち7原則に沿って衛生管理計画を作成し管理を行います。
しかしながら、町の食堂や、小さな食品製造業などでは人数的な問題から
HACCPへの対応が難しいケースも発生します。そうした小規模事業者の場合には、
各業界団体が作成する手引書(弊社は全国水産加工業協同組合連合会が
監修作成した手引書)を基本に、簡略化された方法で衛生管理を行えば
HACCPに沿った衛生管理をしているとみなされます。
これが「HACCPの考えを取り入れた衛生管理」を行う事となります。

弊社は50人以下の小規模事業者であることから、
「HACCPの考えを取り入れた衛生管理」を行い6月より施行しております。
有ってはならない事ですが、食品会社とハザードは切っても切れない問題です。
現在弊社で行っています衛生管理ですが、不備な点はまだまだあると考えます。
弊社では問題点をその都度改善し、お客様に安心安全で、且つ美味しい海産珍味を
常にお届けできるよう、これからも努めて参ります。

2021年06月11日