食品表示法2022

消費者庁が作成の「食品表示法」はその時代に応じて改正が行われる事が多いのですが、
この2022年4月に完全施行となりました項目がございます。
尚弊社は、これらの事項につきましては完全対応済です。

1)全ての加工食品に原料原産国の表示(原料1位については完全表示義務)
2)全ての加工食品に、原則栄養成分の記載義務
3)ナトリウム表示に代わり、塩分相当量の表示義務
4)原材料と添加物の明確な区別表示
5)表示レイアウトの変更(一括表示、個別表示、文字サイズ8ポイント以上etc)
6)個別の原材料・添加物にアレルゲン記載義務
7)栄養強調表示・機能性食品に関する規則変更

さらに、あまり知られてはいないのですが、
下記表記が同じく2022年4月1日より禁止となります。
因みにこれらの表記はいわゆる一括表示等の「裏面シール」が対象となります。
これらの法律も4月1日から完全施行となります。

4月1日より 食品表示基準より「人工」「合成」の用語使用は禁止。
例)「人工甘味料・人工着色料」「合成保存料」等の表記はダメですよ。
それぞれ「甘味料」「着色料」「保存料」の表記に直しましょう。

「人工」「合成」というワードが、食品に悪影響を与えたり、
危害をもたらせるような想像を搔き立てるのを防ぐ為なんだそうです。
因みにMDシールや表面パッケージに記載されている商品に関しては、
今回はこの法律の対象外(といってもグレーゾーンらしいです)との事ですが、
早かれ遅かれ手を加えられるのは間違いないとの事です。

さらにさらに、以下の表示は禁止になります。すでに施行済なんだだそうです。
(完全施行は2年後の2024年4月1日より)
これらも、いわゆる一括表示等の「裏面シール」は完全対象となります。

①「単なる無添加の表示」 
②「食品表示基準に規定されていない用語を使用した表示」 
③「食品添加物の使用が法令で認められていない食品への表示」
④「同一機能・類似機能を持つ食品添加物を使用した食品への表示」
⑤「同一機能・類似機能を持つ原材料を使用した食品への表示」
⑥「健康や安全と関連付ける表示」
⑦「健康や安全以外と関連付ける表示」
⑧「食品添加物の使用が予測されていない食品への表示」
⑨「加工助剤やキャリーオーバーで使用した(又は使用未確認)食品への表示」
⑩「過度に強調された表示」

詳しくは、消費者庁のHPを参照いただきたいのですが、ここで少しひっかかるのは、
①の項目です。これは簡単に書くと、・・・・単なる「無添加」だけの表示だと、
何の添加物が入っていないのかわかりにくい。記載するなら例えば
「着色料無添加」「保存料無添加」「調味料無添加」など、
何の添加物が入っていないのかを全て記載しないといけないという事なんだそうです。
ここで問題になるのが、具体的な添加物全てを記載する裏面余白がないのなら、
いっそ「無添加」表示を無くした方が楽だと言う流れになる可能性があるという事です。
我々が想像する「無添加」は本当に何も「添加物」が入っていない商品なので
「無添加」表示を謳って製造販売を行っているという認識なのですが、
消費者の方々にはあくまでも1つ1つ書かないと解りにくい表示なのでしょうか。

もう1つ、⑥、⑦の項目について解りやすく書きますと、
⑥無添加だから身体にやさしいとか、保存料不使用だから安心安全というのは誰が決めたのか。
食品添加物は身体を悪くするみたいな表現ニュアンスに持っていくのはダメ!
⑦【保存料不使用】だから早めに召し上がりくださいとか、
【無添加】だから美味しさ倍増ですよとか、何の根拠があって書いているのか?
根拠を説明できないのならそのような記載はダメ!。

という事らしいです。ただ、ここまでくると、
単なる「言葉狩り」の様相を成してるとしか思えなくなります。
この辺はもう少し議論を重ねていただくと有難いと思うのはワタクシだけでしょうか?
なにより、一番混乱するのは消費者の方々です。法律に詳しい専門家だけの意見では無く、
もっと一般の消費者の声も反映させていただきたいと心より願うばかりであります。

今回の「無添加」表示については、ゆくゆくはMDシールや表面・品名シールにも
反映される事が予想されます。そうなれば、われわれの商品も、又日本全国の数多くの商品も
該当に値する商品が発生いたします。食品業界にとっては大事な事項ですので
もう少しオープンな議論を望みます。

2022年04月29日